今年の紅白司会は松下奈緒&嵐! 松下「素敵な一夜にしたい」と笑顔

もう、そんな時期~

(以下引用)
大みそか恒例の『第61回NHK紅白歌合戦』の司会が3日発表され、紅組は女優で音楽家の松下奈緒、白組は人気グループの嵐に決まった。

朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でヒロインを好演した松下と、昨年、紅白に初出場したばかりの人気アイドルという“国民的人気者”同士が年末の日本を盛り上げる。

同日、東京・渋谷の同局で行われた会見に出席した松下は「非常に楽しみでもあり、ドキドキワクワクする一日になりそう。素敵な一夜にしたい」と笑顔。紅白61回の歴史で初めてグループでの司会となる嵐の松本潤は「名司会ぶりはできないと思うので、5人ならではの絆とチーム感を出して、みなさんの素晴らしい歌を邪魔しないように進行できたらと思います」と意気込みを語った。

さらに松下は「音楽が大好きなので、楽しむということだけに関しては自信がある。たくさんのアーティストの力を借りつつ素敵な一夜にしたい」。一方嵐は11年前にCDデビューを果たした11月3日という記念日に発表されたとあって、櫻井翔が「11年前の今日は代々木体育館にいた。まさか11年経ってこのような会見の場に立たせてもらえるとは思ってなくてビックリとともに光栄。諸先輩方が気持ちよく歌えるように華を添えられたら」と感慨深い様子で語った。

白組司会の5人をたった1人で相手にしなければならない松下は、報道陣からの質疑応答で対抗策を問われると「5人の皆さん(の仲間)に入れてもらうか、『ゲゲゲ』のファミリーに力を貸してほしいなって今思いました」と切実なお願い。紅白史上初めてグループ司会者を相手にすることよりも「自分が今回司会させていただくこと自体が“ギョギョギョ”って感じ」といまだ信じられないといったような表情を浮かべた。

先輩グループ・SMAPの中居正広から司会者を引き継ぐ形となった嵐。他局歌番組での先輩後輩の枠を超えた中居とのバトルが印象強いリーダー・大野智は“中居超え”への意気込みを問われると「そういう意識はまったくない。大先輩なんで、後を継ぐじゃないですけど嵐ならではの味が出せたらと思ってます」とキッパリ。二宮和也も「出てくださる方に変な緊張感を与えないように、いい緊張感をもってやれたら」と気を引き締めなおした。

昨年“還暦”を迎え心機一転して開催される今年の紅白は、新たに「歌で つなごう」をテーマに開催。あらためて新たな時代に向けた一歩踏み出す紅白にふさわしく、ともに司会初挑戦となるフレッシュな2組の起用となった。また、昨年に続き、関根麻里、テリー伊藤、水樹奈々の3人が「紅白応援隊」を務めるほか、「ウー♪」と「ター♪」のコンビによる初の公式オリジナルキャラクター『ウタ♪ウッキー』が誕生した。

『第61回NHK紅白歌合戦』は開始時間を昨年より15分遅らせ、12月31日午後7時30分から11時45分まで放送(途中、午後9時25分から5分間のニュース中断あり)。これまでの対戦成績は紅28勝、白32勝。(引用オリコン)

 

カテゴリー: 芸能ニュース   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>