BIGBANG×KARA 紅白で韓流対決!

なんとNHKが、大晦日の紅白で韓流対決を・・・

(以下引用)
大みそかの「第61回NHK紅白歌合戦」(午後7・30)で、韓流対決が実現する。白組でヒップホップグループ「BIGBANG」の出場が決定。
一方の紅組はアイドルグループ「KARA」で最終的な調整に入っている。韓国歌手の激突は「冬ソナ」ブームの04年以来。今年の音楽界を盛り上げたK―POPムーブメントの象徴として目玉のひとつとなりそうだ。

BIGBANGは日本メジャーデビュー2年目で初出場。企画枠ではなく、白組の一員として出場する。12月26日から年明けまで日本に滞在。初出場者が例年行う会見は欠席の見込みで、会見で流すビデオメッセージはすでに作成済みという。

一方、紅組のKARAは日本デビュー年で、選出へは細部の調整を残すのみ。今後のスケジュールは、紅白選出に備えて白紙だ。韓流歌手の直接対決は「冬ソナ」ブームに沸いた04年の白組・Ryu、紅組のイ・ジョンヒョン以来。グループとしては史上初だ。当時の熱気を思わせるK―POPの盛り上がりを象徴した“激突”となる。

3年連続で「紅白応援隊」を務めるテリー伊藤(60)も“後押し”。スポニチ本紙インタビューに「今年はコリアンビューティー。特にこの前(のテレビの収録で)、築地で飯を食ったKARA。今、高校生に一番人気だし、これは間違いないでしょう」と断言。紅白を手がけるNHKの井上啓輔チーフプロデューサーも「来ましたね~。この間、ある高校の文化祭に行ったら、KIRAっていう女子高生ユニットがいました」と呼応した。

この2組は今年のK―POPブームを象徴。BIGBANGが10月末、東京・福家書店銀座店で行った握手会には2000人が集まり、閉店を華々しく飾った。KARAは8月に東京・渋谷で行った街頭ライブにファンが集まりすぎ、途中打ち切りになるなど話題になった。日本デビュー曲「ミスター」で見せた「ヒップダンス」の認知度も上がっている。

そんな盛り上がりを追い続けてきたのがNHKだ。韓国グループを積極的に音楽番組で紹介し、総合テレビ「ニュースウォッチ9」ではK―POP現象をトップで取り上げたこともあった。もともとNHKは03年に「冬のソナタ」をいち早くBSで放送したほか韓国ドラマを多数放送し、日本における韓流ブームの火付け役。満を持して、躍進K―POPを今年の目玉に据える。
(引用スポニチアネックス)

カテゴリー: 芸能ニュース   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>