釈由美子 バカボンのママ!

女優、釈由美子(31)がデビュー14年目にして初舞台!
天然キャラの釈由美子に、バカボンのママ役!?
(以下引用)

7月23日から東京・下北沢の本多劇場で上演される「天才バカボン」(作&演出・細川徹)で、
バカボンのママを演じる。
主人公のパパ役は松尾スズキ(47)、バカボン役は荒川良々(36)と、強烈な個性派俳優と共演。
エプロン姿の釈ちゃんが、持ち前の天然キャラでナンセンスギャグ舞台を優しく包み込む。

誰もが知る赤塚不二夫さんのギャグ漫画の金字塔が、コメディエンヌ釈ちゃんによって舞台化される。
釈のたぐいまれなる二面性キャラにあった。

作、演出を務める細川徹氏は「演技力もさることながら(3年前まで釈がレギュラーを務めた)NHK『英語でしゃべらナイト』を見ていて、
しっかり司会をこなす一方で、天然ボケのところがある。そのギャップが彼女の魅力。バカボンのママ役を考えたとき、
彼女しかいないと思いました」と明かす。

パパ役は人気劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキ、バカボン役には「カロリーメイト」のCMで、
ひょうひょうとした演技が話題の同劇団の荒川良々が起用された。
配役未定のハジメちゃんやレレレのおじさん、本官さん、ウナギイヌも登場する。

子供向けだったアニメでは、赤塚さんの原作漫画に描かれたブラックユーモアがオブラートに包まれていた。
舞台では、原作のテーストを生かしたナンセンスかつブラックな内容になるそうで、
「松尾さん、荒川さんと、釈さんには2人を包み込むような、優しく見守る役どころを期待しています」と細川氏。

オファーを受けた釈も何度か共演し、気心の知れた2人と夫婦役、親子役を演じるとあってノリノリで、
「初舞台で大人計画の方々とご一緒させていただけるなんて、不安も吹っ飛び、楽しみでゾクゾクしています」と気合が入る。

私生活では、昨秋から始まったイケメン獣医、佐藤貴紀さん(31)との真剣交際も順調そのもので、
結婚秒読みともいわれる。
舞台では、ひと足お先に人妻を演じ、エプロン姿でキュートに駆け回る。
(引用サンケイスポーツ)

カテゴリー: 芸能ニュース   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>